女性

鬱と診断されたなら|病気と真摯に向き合おう

知っておきたい心の病

ウーマン

誰にでも起こりうる心の病

誰しも日常において嫌なことや悲しい事が起きると、憂鬱な気分に陥ってしまったり、あるいはやる気がなくなってしまったりすることがあります。しかしながら、鬱病とは、日常で感じるような一時的な気分の落ち込みとは異なり、言葉では表せないほどのつらい気分、または興味や喜びといった感情の喪失が、ほぼ一日中、ほぼ毎日、それも2週間以上続きます。そしてこれらの症状により、仕事だけではなく、日常生活に支障が生じるのが「鬱病」です。鬱病は、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられており、気力で解決するものでは決してありません。鬱は気分の問題などではなく、専門医の診断の元、治療を行う必要がある病気なのです。鬱病の症状としては、抑うつ、興味または喜びの喪失、意欲の低下などが代表的な症状として挙げられます。ほかにも、人によっては何をするにも億劫な気分になる、強い不安や焦りを感じるようになったり、会話や本などの内容が頭に入ってこなかったり、遠くへ行きたいまたは今すぐにこの世から消えてしまいたいと思うようになるといった症状が現れる場合もあります。主に前述のような心の症状が鬱病の症状としてよく聞かれますが、体にも症状が現れることがあります。体に現れる症状としては、睡眠障害や食欲の低下をはじめ、食べ物の味が感じられなくなる、疲労感や倦怠感、動悸・息苦しさ、口が乾くといった症状を訴える方もいます。また、肩や腰、頭などに重さや痛みを伴うケースも存在します。鬱病の治療では、心の症状だけではなく、体の症状も治療することが重要になりますので、まずは自分の症状を把握し、診察の際に医師に伝えることが大切です。特に、睡眠障害は心の病と切っても切り離せない問題であるといえるでしょう。発症した場合、寝ようとしても寝ることができない、朝早くに目が覚めてしまうなどの症状が現れることがありますが、これが原因で、日中は頭がぼーっとして仕事が手につかず、普段はしないようなミスを重ねたり、疲れがたまってイライラがつのったりなど、日常生活にも大きな影響を及ぼす危険性があるため、さらに深刻な問題として、悲観的な考えが頭から離れず、病状を悪化させてしまうこともあります。このような事態を防ぐためにも、早めに専門医の判断を仰ぎましょう。心と体に様々な症状が現れる鬱病ですが、自分ではなかなか把握しにくかったり、医師にどのように言葉で説明すればよいかわからなかったり、という方も少なくありません。このような場合には、診察の前に自分がつらいと感じている症状について記録して、まとめておくという方法も有効です。簡単にメモするだけでも構いません。自分が感じる症状を箇条書きにすることで、診察がスムーズに進むこともあります。また、インターネット上には鬱の症状をチェックすることができるチェックシートもありますので、医師の診断を受ける前に、このようなチェックシートで自己診断をすることも可能です。もちろん、明確に診断を受けるためには、専門医の診察を受ける必要がありますが、自身にどのような症状が現れているか、またどのような症状が重く、今現在悩んでいるかなどを改めて見つけるきっかけにもなりますし、チェックシートの診断結果をプリントアウトすれば、前述の自分に現れている症状のメモと同様に使用することができますので、こちらもスムーズな診察の手助けになります。